My English Learningは小中高一貫カリキュラムと練習で使える英語力を育成する学習指導プログラム[三鷹 吉祥寺]


英語は世界への架け橋-Bridge-です。将来の自分をより広い政界に導く英語学習。それがMy English Learning(MEL=メル)です。

MEL®(My English Learning)

子どもたちが将来、自ら英語を使ってコミュニケーションする力を育成すること
それがMEL® (メル=My English Learning ) 活動の目指すゴールです。

国際社会ではきちんとした英語が使えることが常識です

これからの大学では、英語で調べたり、英語で学習したり、更に英語で授業に参加できるような英語力が求められます。
しかし現実には小学校の英語活動は文字指導を行わず、中学校ではゼロから文法を一気に詰め込み、高校では受験対策といった一貫性のない英語教育が多く見られます。
その結果として、文法を理解して問題は解けても、英語を使ったコミュニケーション(読む、聞く、書く、話す)をすることが出来ない人がほとんどです。

(株)AIDEAは、英語を使ってコミュニケーションする力を育成するために、MEL事業を通じて

 -理解する力、考える力、伝える力を Bridge
 -小中高の各ステージで学習する英語を Bridge
 -学校の授業や活動と、個人の練習や努力を Bridge
 -学習、練習した英語を、受験や大学での学習、将来の機会へと Bridge

していくことを目指しています。

MEL®(My English Learning) は(株)AIDEAの登録商標です。

英語を練習して身につける

外国語は勉強するだけでは身につきません。実際にそのことばを使い、間違い、修正し、さらに使う、ということを繰り返すことで少しずつ身についていきます。日本に住んでいる以上、日常的に英語を使う機会にはなかなか恵まれないため、英語を使う練習をするための機会を作る必要があります。その際、生徒の学習ステージに合わせて次のような練習活動を継続的に行うことで、より効果的な学習機会にしていくことが求められます。

(1)使い方を覚える、慣れるための練習
音読や応答、リピートや書きとり
(2)使い方を身につけるための練習
繰り返しや言い換え、和文英訳や英文和訳
(3)使うための練習
ライティングやプレゼンテーション、要約、意見を述べる

ページTOPに戻る

タブレットPCを使ってさらに練習を強化

タブレットPCを使ってさらに練習を強化

MEL SchoolではタブレットPCを使って以下のような音声練習やライティング、プレゼンテーション活動を行っています。自ら機器を操ることによって、生徒がより自主的に調べる、練習をすることができます。高校生はライティングやプレゼンテーションにもタブレットを使うので、英語を使うのに不可欠なタイピングをしたり、コミュニケーションツールを活用するようになります。

具体的には、
-音声アプリを使って自分に合った音声練習をする。
-画像やビデオを視聴して知識を広げる、学習事項への関心や理解を深める。
-インターネットを使って情報を集める、調べる、英語の使い方を確認する。
-ライティング、添削、修正をメールやブログで行う。
-プレゼンテーションの際に他の生徒が参考資料を閲覧、視聴する。
-プレゼンテーションへのコメントや返事をブログに掲示する。
-キーボードを使って正しく素早くライティングする練習をする。

これらは大学や社会ではごく当たり前に行われていることです。新しい時代のコミュニケーションに対応できるように、生徒が自ら工夫や努力をして力を伸ばせるようにします。

2016年よりNight Zookeeper社のClass Writerでのレッスンを開始

タイピングレッスンやテキストで学習した内容を書いて発表するなどのコンテンツを充実させています。世界中にネットワークのあるNZK (Night Zookeeper) 社のプラットフォームを使用することでライティングの内容について海外からコメントをもらうなど、実際に英語でコミュニケーションを取る活動を広げています。

▲Junior-1クラス(小6-中1)のタブレットを使ったライティングの様子がご覧いただけます

ページTOPに戻る

学校との相乗効果

英語を身につけるためにもっとも大切なのは学校の授業です。ただし、授業の内容を理解して自ら練習できる力が備わっていないと、わからないことが増えて消化できないままになってしまいます。授業の消化不良を解決するために塾などで補習を続けていると、生徒は受動的になり、自学自習する力は養われません。

学校の授業で学習したことを身につけるには、まず授業の内容をしっかりと理解して、学習した文法やことばを自ら練習できることが必要です。生徒の学習ステージに適当な練習を継続的に行い、学校で学ぶ力を高めることで英語力が養われていきます。

ページTOPに戻る

一貫コースのメリット

1. 学習ステージに適当な素材を使って学習する

どんなに優れた教材を使っても、学習時期が適当でないと効果は上がりません。たとえば、小学生に中学生の教科書を使用すると、英語自体は易しくても、テーマが環境問題などでは知識やことばが追いつきません。教材には使用者の学齢を意識した場面やテーマが設定されているので、中学生用のものは中学生が学ぶべき他の科目と関連のあるテーマや場面などが選ばれています。たとえば小学生であれば食べ物や家族、スポーツ、動物など、身近で興味を持てるテーマで、高校生であれば社会や歴史をテーマにして学習することが大切です。

学習者に適当な教材、学習テーマ、言語材料、視聴素材などを使うことによって、英語で理解や思考、表現することが効果的に出来るようになっていきます。

2. 中高生に継続的な学習機会を与える

受験や進学などの環境変化も激しく、精神的・肉体的な成長も著しく、中学 ・高校の6年間は子どもたちが大きな変化を遂げる時期です。子どもによっては、中学校のときには順調に力がついたのに高校に入って伸び悩んだり、反対に中学ではあまり成果が上がらなかったのに高校生になってから大いに力を発揮するようになるなどさまざまです。

成長の過程は生徒によって異なるので、定期試験や単年度の評価だけでは潜在的な力を見落としがちです。一貫コースで週2回の学習を続けることで、たとえ一時的に学習に身が入らなくなっても、思春期などの精神的に不安定な時期があっても、力を伸ばせる機会が必ず訪れます。そうした機会を逃さないためには、継続的な学習環境を与えていくことが必要です。

3. 中高を一貫して英語を使う範囲を広げていく

ことばというものは一度学習しただけでは身に付きません。学習した文法や表現、語彙の使い方を繰り返し練習していくことが必要です。さらに、ことばを学習するということは、ことばを通して新しい情報を得たり、そこから学んだりすることでもあります。

子どもたちは英語で書かれた、または話された内容を理解しながらことばを学んでいきます。学習ステージに応じてトピックやテーマを発展させていくことによって、生徒が英語を理解し、そしてまた、新しく使えることばの範囲が、次第に広がっていきます。

ページTOPに戻る

国際社会への対応力を育てる My Global Learning

My Global Learning 国際社会への対応力

2014年度から高校生以上を対象に
My Global Learning Programを開始。

People, Places, Things, Eventsなどの諸テーマについて、外国ではどのように紹介されているかを英語で学び、考え、話し合います。これによって、国際人として欠かせない知識や客観的な視野を広げます。
このプログラムでは生徒が自ら調べ、考え、クラスにいかに自分が参加するかを通じて、留学や大学での学習に対応できる素地を育成します。

ページTOPに戻る

MEL Promotion

一貫カリキュラムと練習によって、英語を使う力を身につける
My English Learning活動を推進します。

-中高一貫の英語スクール( MEL School )の運営、展開、事業提携
-中高一貫カリキュラムと練習によるレッスン( MEL )の普及活動
-英語を使う練習授業を実践する指導者( MEL Promoter )の育成や協働
-中高一貫校向け教材( Bridge to MEL )の制作とご利用校のサポート

「英語を使う力」を育成する活動の推進

中高一貫英語教育で使える英語を身につけるMELの育成プログラムに参加しませんか

若者たちが将来大学で英語の授業に参加出来る、他の国々の人たちとコミュニケーション出来る英語力を身につけるためには、中高を一貫して英語を使う練習を続けて発展させていくことが必要です。そこで、英語を使えるようになる学習の場を増やしていくために、我々はMy English Learning活動の実践と普及の推進をしていきます。
具体的には、

MEL School 三鷹の運営を通じて、(小)中高一貫カリキュラムと練習によるレッスンの改善を続けながら、生徒の英語を使う力を育成します。また、新たなMEL Schoolの開設に向けて準備を進めながら、事業提携などの機会も模索していきます。

● MEL Schoolで実践している中高一貫カリキュラムと使う練習によって英語力を育成するMy English Learning(MEL)の普及に向けて、広報や推進するための活動を行います。また、同プログラムを用いた英語スクールやコースなどの開設や運営に関する事業提携にも取り組んでいきます。

MEL School 三鷹で実践している(小)中高一貫カリキュラムと練習によるレッスンを行う英語スクールの運営や指導をされたい方(MEL Promoter)を募って、英語指導に有益な情報や実践的な手段や方法などを共有し、改善しながらその輪を広げていきます。また、MEL Schoolのレッスンの参観や、講師として生徒を指導する機会などを通じて指導者を育成します。

● 練習によってコミュニケーションする力を育成する中高一貫の授業用教材 Bridge to MEL の制作と販売、及び、ご利用校の先生方をサポートしていきます。

ご関心のある方はぜひご連絡ください。
株式会社 AIDEA(アイデア)  Phone:0422-27-5366 mail:mel@myenglish.co.jp


MEL Promoter

MEL Schoolで実践している一貫カリキュラムと練習を中心とした英語の学習指導を行いたい方や、同指導によるスクールやコースを開設されたい方をMEL Promoterとして募ります。

─ 練習を中心とした授業の推進を目指す学校の先生や英語スクールの指導者の方
─ 学校や英語スクールなどでこれから指導されることを目指している方
─ 英語スクールを運営されている方や、ご自身で開校を目指している方
─ 英語の指導方法などを研究されている方
─ 英語を指導することを目指している学生の方
─ 講師としてMEL Schoolで指導を実践してみたい方
  Teaching OpportunitiesTeaching Opportunities

MEL Promoterの方には、MEL Schoolのレッスンの参観や、講師として生徒を指導する機会などを通じて、指導者として活躍するためのサポートをします。

また、指導の実践を通してお互いに情報を共有したり、学び合ったりしながら、カリキュラムや指導、運営の改善に努めていきます。更にその輪を広げて、一人でも多くの若者たちに英語を使う力を身につけてもらうことを目指します。

ページTOPに戻る


株式会社 AIDEA(アイデア)|〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-33-13-101|Phone 0422-27-5366

Copyright (C) AIDEA Inc. All rights reserved.